July 4, 2015

ポンタくんが
お庭をゆっくりと歩いて
時々休んで、ほとんど歩けないのに
挨拶して周ります。

最後に工房にきて
私のガラスの器でお水
飲んでくれました。

水ももう飲めなかったのに。

まるで、ナホのガラス素敵だよ、好きだよ
がんばって作れよ。
って言ってくれたようでした。

そして私の手の中でゆっくりと生きるのをやめました。

21年毎日可愛くてありがとう
 

Please reload

Please reload