壺井栄さんの声

昨日の夕方、 家の表の雪かきをしていたら 初老の紳士に声をかけられた。 雪沢山降りましたね。 娘さんと雪かきですか? ご苦労様です。 ところで、こちらは壺井栄さんとご親戚かなにかなのですか? いえいえ、ただご縁があってこちらに 住んでいるんですよ。と私。 聞いてみると、この長身の紳士は 小説家で婦人科の女医でもあった 常安田鶴子さん「十代の性典」などを書いた作家さんの息子さん。 お孫さんの送り迎えの途中 お母様の田鶴子さんは これまた、近所にいた画家の三岸節子さん、壺井栄さん三人はとても仲良しで、 よく行き来していたそうだ。 この紳士も、壺井さんの家にお使いでお届けものによく来た。と話してくれた。 紳士曰く、壺井栄さんは、 低くよく響く声の持ち主で、それがまたとても美しい声でした。 あんな美しい声の人には、なかなかお会いした事がないと。 壺井栄さんの声か。 考えた事もなかった。 印象が立体的になる。 なんだか得した気分。 いい雪かき。 よく晴れた冬の午後。 冷たい空気が心地よく 何か聞こえた気がして、 鷺ノ宮の景色がいつもより美しくみえた。